会計をしている人

 配ってしまうと、大きい土瓶に番茶を入れたのを、所々に置いて行《ゆ》く。 純一が受け取った菓子を手に持ったまま、会計をしている人の机の傍にいると、「おい、瀬戸」と呼び掛けられて、瀬戸は忙がしそうに立って行った。呼んだのは、初め這入ったとき瀬戸が話をしていた男である。髪を長く伸《のば》した、色の蒼い...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:18 pm  

多少興味を持って読んだことがある

 純一は拊石の物などは、多少興味を持って読んだことがあるが、鴎村の物では、アンデルセンの飜訳《ほんやく》だけを見て、こんなつまらない作を、よくも暇潰《ひまつぶ》しに訳したものだと思ったきり、この人に対して何の興味をも持っていないから、会話に耳を傾けないで、独りで勝手な事を思っていた。 会話はいよい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:17 pm  

ライフとアアトが別々になっている奴

「とにかく、君、ライフとアアトが別々になっている奴は駄目だよ」 純一は知れ切った事を、仰山らしく云っているものだと思いながら、瀬戸が人にでも引き合わせてくれるのかと、少し躊躇《ちゅうちょ》していたが、瀬戸は誰やら心安い間らしい人を見附けて、座敷のずっと奥の方へずんずん行って、その人と小声で忙《せわ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:16 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0105 sec.

http://apmobile.org.uk/