永遠の懐疑

 純一は一寸窮した。「安住と云ったのは、矛盾でした。つまり永遠の懐疑です」「なんだか咀《のろ》われたものとでも云いそうだね」「いいえ。懐疑と云ったのも当っていません。永遠に求めるのです。永遠の希求です」「まあ、そんなものでしょう」 大村の詞はひどく冷澹《れいたん》なようである。しかしその音調や表情に温《あたたか》みが籠《こも》っているので、純一は不快を感ぜない。聖堂の裏の塀のあたりを歩きながら、純一は考え考えこんな事を話し出した。「さっき倶楽部でもお話をしたようですが、僕はマアテルリンクを大抵読んで見ました。それから同じ学校にいた友達だというので、Verhaeren《フェルハアレン》 を読み始めたのです。この間 La《ラ》 Multiple《ミュルチプル》 Splendeur《スプランドヨオル》 が来たもんですから、それを国から出て来るとき、汽車で読みました。あれには大分纏まった人世観のようなものがあるのですね。妙にこう敬虔《けいけん》なような態度を取っているのですね。まるで日本なんぞで新人だと云っている人達とは違っているもんですから、へんな心持がしました。あなたの云う積極的新人なのでしょう。日本で消極的な事ばかし書いている新人の作を見ますと、縛られた縄を解《ほど》いて行《ゆ》く処に、なる程と思う処がありますが、別に深く引き附けられるような感じはありません。あのフェルハアレンの詩なんぞを見ますと、妙な人生観があるので、それが直ぐにこっちの人生観にはならないのですが、その癖あの敬虔なような調子に引き寄せられてしまうのです。ロダンは友達だそうですが、丁度ロダンの彫刻なんぞも、同じ事だろうと思うのです。そうして見ると、西洋で新人と云われている連中は、皆気息の通《かよ》っている処があって、それが日本の新人とは大分違っているように思うのです。拊石さんのイブセンの話も同じ事です。どうも日本の新人という人達は、拊石の云ったように、小さいのではありますまいか」「小さいのですとも。あれは Clique《クリク》 の名なのです」大村は恬然《てんぜん》としてこう云った。

— posted by id at 07:23 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1776 sec.

http://apmobile.org.uk/