木造のけちな家ばかり並んでいる

 この辺には木造のけちな家ばかり並んでいる。その一軒の庇《ひさし》に、好く本屋の店先に立ててあるような、木の枠に紙を張り附けた看板が立て掛けてある。上の方へ横に羅馬《ロオマ》字で DIDASKALIA《ジダスカリア》 と書いて、下には竪《たて》に十一月例会と書いてある。「ここだよ。二階へ上がるのだ」 瀬戸は下駄や半靴の乱雑に脱ぎ散らしてある中へ、薩摩下駄を跳ね飛ばして、正面の梯子《はしご》を登って行《い》く。純一は附いて上がりながら、店を横目で見ると、帳場の格子の背後《うしろ》には、二十《はたち》ばかりの色の蒼《あお》い五分刈頭の男がすわっていて、勝手に続いているらしい三尺の口に立っている赧顔《あからがお》の大女と話をしている。女は襷《たすき》がけで、裾をまくって、膝《ひざ》の少し下まである、鼠色になった褌《ふんどし》を出している。その女が「いらっしゃい」と大声で云って、一寸こっちを見ただけで、轡虫《くつわむし》の鳴くような声で、話をし続けているのである。 二階は広くてきたない。一方の壁の前に、卓《テエブル》と椅子とが置いてあって、卓の上には花瓶に南天が生けてあるが、いつ生けたものか葉がところどころ泣菫《きゅうきん》の所謂《いわゆる》乾反葉《ひそりば》になっている。その側に水を入れた瓶とコップとがある。 十四五人ばかりの客が、二つ三つの火鉢を中心にして、よごれた座布団の上にすわっている。間々にばら蒔《ま》いてある座布団は跡から来る客を待っているのである。 客は大抵|紺飛白《こんがすり》の羽織に小倉袴《こくらばかま》という風で、それに学校の制服を着たのが交っている。中には大学や高等学校の服もある。 会話は大分盛んである。 丁度純一が上がって来たとき、上《あが》り口《くち》に近い一群《ひとむれ》の中で、誰《たれ》やらが声高《こわだか》にこう云うのが聞えた。

— posted by id at 07:12 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2915 sec.

http://apmobile.org.uk/